オープンカレッジ

オープンカレッジ

平成20年度 OOJCオープンカレッジ後期プログラム

平成20年度 音更町・帯広大谷短期大学共同生涯学習後期プログラム
OOJCオープンカレッジ [道民カレッジ連携講座]

テーマ: 古さのうちにある<新しさ>

講座案内 特別映画上映会 申込・問合


 平成20年度の生涯学習後期プログラム「古さのうちにある〈新しさ〉」が始まります。現代のように、猛烈なスピードでものごとが変わっていくことは、決していいことではなく、人間がいよいよ薄っぺらなものになっていくことです。目先の奇抜さに振り回されて、ものごとの本質が見えなくなって、人間が空虚な存在になってしまいます。
 このような時代にあって大切なことは、ものごとが熟成していく、豊かな時間を持つことができるかどうかではないでしょうか。そのためには、変わらないもの、それこそ「古さのうちにある〈新しさ〉」を見いだすことでは、と思います。 (帯広大谷短期大学 学長 中川 皓三郎)


 今まで私たちは、簡単に〈新しい〉ものに飛びつく、といういささか不用意な振る舞いをしてきたような気がします。そこで、今一度、足下を見つめ直し、〈古い〉と見なされる存在のうちにある不変の価値について、じっくり見極めていかないといけないのではないか、自戒をこめて、そう感じている今日この頃です。そんな思いから今回のテーマを【古さのうちにある新しさ】といたしました。
 特に今回は松竹のプロデューサーをされていた楢部一視さんにご講演をお願いできました。古き日本映画の魅力についてたっぷりお話いただけると思っています。恒例の映画上映会も、それに伴い古き日本名作映画を2作、また話題になった浅田次郎氏原作の映画「オリヲン座からの招待状」も上映いたします。ぜひ、お楽しみいただければと思っております。たくさんの皆様のご来聴をお待ちしております。
( 帯広大谷短期大学生涯学習センター センター長 田中 厚一 )


講 座 案 内

日 時 内 容 ・ 講 師 道民カレッジ 定 員 場 所
1
2月16日(月)
18:30〜20:00
<特別講演> 日本映画のすばらしさ
元松竹プロデューサー 楢部 一視 氏
教養コース
1単位
20名
短 大
講義室
2
2月17日(火)
18:30〜20:00
<対談> 昭和の十勝を訪ねて〜写真で語る
写 真 家 荘田喜與志 氏
帯広大谷短期大学名誉教授 池添 博彦 氏
ほっかいどう学コース
1単位
20名
短 大
講義室
3
2月18日(水)
18:30〜20:00
<講義> ラジオ、過去から未来へ
FM―JAGA 放送制作ディレクター
栗谷 昌宏 氏
教養コース
1単位
20名
短 大
講義室

募集対象
十勝在住の方
※受講生が一定数に満たない場合、講座を中止することがありますのでご了承ください
※休講:講師の出張・病気などの理由で休講となる場合があります
  (帯広大谷短期大学生涯学習センター事務局から連絡いたします)
お申し込み期間
平成21年1月26日(月)から各講座前日まで
※お申込みの完了された方については、受講決定通知をお送りいたします
受講料
全講座無料
※お気軽にお申し込みください
その他
上靴 または スリッパ を必ずご持参ください
教室内での喫煙・飲食はご遠慮ください
道民カレッジとの連携については、事務局までお問い合わせください
受講申し込み・問い合わせ先
所定の申込書 に必要事項をご記入の上、 帯広大谷短期大学生涯学習センター まで 持参・郵送・FAX などでお申し込みください
[※皆さまからお申し込みいただきました個人情報は、休講その他の緊急連絡、今後の講座・イベント等の案内の送付、お電話での確認のみに利用させていただきます。ご本人の承諾なしに第三者に提供することはいたしません。]

特別映画上映会「日本名作映画への誘い」

2日間に渡る3本立て上映会です。懐かしの名作から現代作品まで“昭和”をお楽しみください。

<1日目> 2月20日(金)
映 画
2007年/第20回東京国際映画祭特別招待作品
◇出演/宮沢りえ・加瀬 亮・宇崎竜童・田口トモロヲ・中原ひとみ・樋口可南子・原田芳雄
◇原作/浅田次郎  ◇監督/三枝健起  ◇メインテーマ/上原ひろみ
◇内容/昭和30年代、先代の館主・豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、その弟子であった留吉(加瀬 亮)が、その志を引き継ぎ先代の妻・トヨ(宮沢りえ)と映画館を守る事となった。古い時代、周囲の人々からは師匠のかみさんを寝取った若主人、不義理な女将などと陰口を叩かれたりもした。さらには映画産業が斜陽になり始め、貧乏に耐えながらもひたすら映画を愛し、映画の灯を灯し続けた二人、そして何よりも純粋にお互いを思いやり、愛し続けたのだった。一方そんなオリヲン座を一番の遊び場としていた幼い子供がいた。二人は毎日映写室の小窓から名画を覗いて成長した。やがて大人になり、結婚して東京で生活を送っていたが、いつしかお互いを思いやる心を見失い、別れを決意していた。そんな祐次(田口トモロヲ)と良枝(樋口可南子)の元に、まるで何かを予感させる様に、一通の招待状が届くのだった。様々な人が、オリヲン座最後の上映に向け、それぞれの思いで路地を曲がってやってくる。そこには優しい奇蹟が待ち受けていた―――。
と き
平成21年 2月20日(金)  ◇開場/18:00  ◇上映/18:30
<2日目> 2月21日(土)
映 画
1943(昭和18)年/主演の阪東妻三郎の長い映画暦のなかの代表作の一本
◇出演/阪東妻三郎・月形龍之介・澤村アキオ(後の長門裕之)  ◇脚本/伊丹万作  ◇監督/稲垣造
と き
平成21年 2月21日(土)  ◇開場/10:00  ◇上映/10:30
映 画
1954(昭和29)年度芸術祭参加作品/三つの国際映画賞に輝く溝口健二が最高適役で描く文芸巨編
◇出演/長谷川一夫・香川京子・南田洋子  ◇製作/永田雅一
◇原作/近松門左衛門  ◇劇化/川口松太郎  ◇脚本/依田義賢  ◇監督/溝口健二
と き
平成21年 2月21日(土)  ◇開場/12:30  ◇上映/13:00

  • ところ
    両日 @AB共、 帯広大谷短期大学 講堂
  • 入場料
    無 料   ※但し、各 @AB 入場整理券が必要です
  • 入場整理券・配布場所
    帯広大谷短期大学 0155-45-4600 または 0155-42-4444
    音更町生涯学習推進本部 0155-42-4099
    音更町文化センター 0155-31-5215
    音更町図書館 0155-32-2424
    音更町図書館分館 0155-32-4688
    音更町役場(受付) 0155-42-2111
    音更町役場(教委) 0155-42-2111
    音更町役場木野支所 0155-31-2101
    音更町木野コミセン 0155-30-8610
    音更町共栄コミセン 0155-30-4733
    音更町総合福祉センター 0155-42-5584
    音更町総合体育館 0155-42-5577
  • その他
    ◇ みなさまにゆっくりとお楽しみいただけるよう、イス席のほかゴザ席をご用意します。座布団、敷物などご自由にお持ちください。
    ◇ 昼食のご用意はありません。また、学内食堂も営業しておりません。ご了承ください。
    ◇ 上靴またはスリッパのご持参にご協力ください。

申し込み・問い合わせ

〒080-0335   河東郡音更町希望が丘3番地
帯広大谷短期大学生涯学習センター事務局(担当/佐原)
【生涯学習センター】TEL(0155)45-4600 FAX(0155)45-4666
【短大代表】TEL(0155)42-4444 FAX(0155)42-4499


▲ページの先頭へ