帯広教室あおぞら

「あおぞら」プログラム

帯広サテライト教室「あおぞら」 講座風景&感想

 5年目を迎える帯広サテライト教室「あおぞら」。今年は会場を三条メディカルセンタービルへ移しての開講となりました。大人講座、小学生講座共にたくさんの皆様にご受講いただき心より感謝申し上げます。
 講座の様子とお寄せいただいた感想をご紹介します。
(講座の感想は、随時受け付けています。生涯学習センターまで宜しくお願いします。)

大 人 講 座 小学生講座

大 人 講 座

トカチアモリスト(十勝を愛する人)を目差して <全3回>
帯広大谷短期大学 池添博彦 教授

マナーで心地よい空間を〜あなたのあり方ですべては変わる〜 <全4回>
レインボーCSアドバイザーオフィス代表 野寺菜穂子 氏

西から東へ橋を架けた人たち <全3回>
帯広大谷短期大学 多田 稔 学長

帯広美術館への招待 [帯広美術館協力講座] <全2回>
北海道立帯広美術館学芸課長 苫名 真 氏
北海道立帯広美術館学芸員  薗部容子 氏

北の屋台とともに〜夫婦で歩いた6年間〜 <全1回>
北の屋台「御多幸」店主 田淵悦子 氏

ワインを語る、ワインを味わう <全5回>
北海道ホテルシニアソムリエ 吉野祐一 氏

小 学 生 講 座

絵画って面白い <全6回>
美術家(自由美術展会員、道展会員) 大崎和男 氏

か ん そ う
 私はここにくる前、「友達がいるかな。」と思って、どきどきしていました。そしたら、となりのクラスの友達がいました。「ここで友達できるかな。」と思いました。先生は、大崎和男先生という人でした。さいしょは、たぶん自分の顔の絵を書くと思っていました。しかし、さいしょは『まるだけの絵』でした。私は、『なかよしな友達』を思って書きました。「すごく楽しく思っていれば楽しい絵になる」と思って書きました。そしたら、本当になかよしでいつも楽しいまるの絵ができました。色鉛筆でぬったのに楽しい絵ができました。でも、私よりもみんなのほうがすごくてすごくてくやしかったです。でも、私はもともと絵が好きでした。だけど、もっともっと絵を学ぼうと思っていました。2回目は『四角と三角の絵』でした。3回目は用事があって休みました。4回目は『ここにくるまでの行った場所を線であらわす』でした。5回目は『目をとじて絵を書く』でした。いろいろできました。さいごは『自分の好きな絵』でした。私はバドミントンをやっているので、バドミントンのラケットと羽を書きました。さいごは私がすごく気に入りました。一番好きな絵でした。やっぱり絵は楽しいと思いました。

か ん そ う
(保護者の方より)
 “絵画って面白い”に参加させていただきありがとうございました。
何か題材があり、それを書くとばかり思っていたのですが、最初の題が「円」でした。その後三角形や四角形等など。書き終わった後皆に自分の書いた絵について発表。そして先生が必ず「いい絵だったよ」とか「面白い絵だね」とか言っていただいたそうです。子供は自分の頭の中いっぱいに思い浮かべた事を表現でき楽しかったようです。
 これでまた“絵を楽しむ事”ができたのではと思います。
 大崎先生やスタッフの皆さんにお礼申し上げます。

川で遊ぼう〜十勝の自然を満喫する〜 北海道エールセンター連携講座 <全2回>
北海道エールセンター(子どもの水辺北海道地域拠点センター)体験プログラム

華道・伝統文化〜いけ花を学ぼう〜 <全4回>
小原流一級家元教授 片野祐子 氏

か ん そ う
(保護者の方より)
 この度、息子(小学4年生)が「川で遊ぼう」「華道・伝統文化」の講座を受講させていただき、諸先生方には大変お世話になりました。
 「川で遊ぼう」では、二日間ともあいにくの天候で「ボートには乗れなかったかな」と心配しておりましたが、迎えに行った時に見せたデヘデヘの笑顔で、彼の満足度を知ることができました。
 家庭では、毎年3回位のキャンプ等で自然の中で遊ぶ機会はあるのですが、ボートに乗ることはなかなか体験できることではないため、彼にとっては、楽しい体験であったと思います。
「華道・伝統文化」をなぜ選んだのか、親の私もわかりません。華道とは何か、と聞かれ簡単に答えたのですが、自分で考え丸をつけたので、あえて深く聞くこともしませんでした。(それで、「やーめた」となってもまずいな、と思いましたので)
 第一日目、「男の子が一人だったら、次は行かない、って言うかな」等と思いながら迎えに行きましたが、「楽しかった」と笑顔。又、他に男の子もいてホッともし。
 帰宅後、花器と花材に向き合う彼の姿は、今までに見たことがない姿でした。背筋がピンとのび、一本一本に姿勢正しく向き合い、いつもは気になるテレビにもみみを貸さないで自分の世界を作っていました。出来栄えにもビックリ!素直に「きれいだね」と言葉が出ました。
 その後も楽しく通わせていただき、帰宅後は家族の目を楽しませてくれました。
 教わったことを、「(ひまわりの花が枯れたら)花びらをとって飾ってもいいんだよ」と教えてくれたり、普段の学校生活では見せない様子もみられました。
 今回のさまざまな経験が彼の引き出しを増やし、これからの生きていく糧や肥しなどになっていくと思います。
 またこのような企画があれば是非参加したいと思っています。
 ありがとうございました。

大 人 講 座 小学生講座

▲ページの先頭へ