帯広市民講座

帯広市民講座

十勝の文芸〜風土が表現にもたらしたモノ〜

我々の住む十勝はたくさんの豊かな文学作品を生み出してきました。

―この肥沃な、そして厳しい風土が一体文芸に何をもたらしたのか―

 今回は十勝の文芸の歴史や現在について考えてみます。そこから私たちの十勝の魅力が浮かび上がってくることでしょう。【十勝】という地域ってなんだろう、この機会に考えてみませんか。
 なお、今回は著名な近代文学研究者の神谷忠孝先生にご講演をいただけることになりました。たくさんの聴講をお待ちしております。

1.開講日時及び講義内容

18時30分開講。最終日は21時まで。ほかは20時まで

6月28日(火)
帯広と福永武彦 ●帯広柏葉高校教諭 田口耕平氏
6月29日(水)
「帯広市民文芸」の歩み ●作家 春山希義氏
6月30日(木)
「表現」とは何か〜郷土作家アンソロジーの果たしてきた役割〜 
 ●十勝毎日新聞社地方部長 武内 哲氏
十勝の文芸を語る
【基調講演】●北海道大学名誉教授・北海道文教大学教授神谷忠孝氏
7月1日(金)
【フォーラム】●コーディネーター 帯広大谷短期大学教授田中厚一氏
●パネラー 神谷忠孝氏 春山希正義氏 武内哲氏 田口耕平氏

2.講義会場
とかちプラザ 講習室

3.受講料
500円(全4回分・初回にお納めください)

3.募集定員
40名(定員になり次第締め切ります)

4.申込み・問合せ先
電話にて「生涯学習課」までお申込みください。電話 22-7915

主催:帯広大谷短期大学 帯広市教育委員会
担当:帯広市教育委員会生涯学習部生涯学習課

▲ページの先頭へ