ライスミルクで作るポタージュ


「食物アレルギーと食事」では、様々な食物アレルギーを持つ方に対して、どのような工夫をして食事を楽しんでもらえるか、が重要な視点になるかと思います。

今回は、ライスミルクを使ったかぼちゃのポタージュを作りました。

ライスミルクの作り方簡単で、炊いた米と水を混ぜてミキサーで滑らかにします。
海外に比較的多い、ベジタリアンの方々が「植物性のミルク」として好んで飲んだりもするようです。

牛乳アレルギーの場合には、代替食品としてライスミルクをそのまま飲むこともありますが 、一手間加えて調理することをおすすめします。

2016-06-14_02

2016-06-14_03

今回調理したポタージュは、米の粘りもあり、とろっとした状態に出来上がりおいしかったです。

近年の食物アレルギー治療は、症状によって完全から必要最小限の除去まであります (小児の場合)。
昔のように、「食物アレルギーは完全除去」というわけではないので、特定の食品でアレルギー症状が出たからといって,食べてはいけないということにはなりません。
また、乳児期などでは、特定のアレルゲン食物があっても、成長とともに症状が出なくなる (寛解) ことも多いようです。

こういった、食に課題や問題を抱える対象者に対して、持てる知識をフル活動して対応する栄養士職は、ヒトの命の支えになるのだなぁと感じます。

 

<参考資料>
食物アレルギー診療の手引
http://www.foodallergy.jp/manual2014.pdf