調理実習 (第5回)


5回目の調理実習です。

本日の実習は、巻物がメインでした。

【おしながき】

  • 太巻き
    • 卵焼き
    • きゅうり
    • しいたけ
    • かんぴょう
    • 桜でんぶ
    • 紅しょうが
  • 細巻き
    • かんぴょう
    • きゅうり
  • むらくも汁
  • ほうれん草としらすの胡麻和え
  • くず桜

 

「しいたけ」「かんぴょう」は、しょうゆで甘めに煮て味付けをしましたが、「かんぴょう」にあまり馴染みがなかったのか、どのはんも「かんぴょう」にあまり味がついていないようでした。
また、巻く作業では、酢飯の量の調節ができておらず、具材をきれいに巻き込めない様子が見られました。

北村先生からは、「(手前側に酢飯をおいて)海苔の上は、3、4cmあけて巻いてください」というデモンストレーションがありましたが、学生には調節がむつかしかったようです。
さらに、細巻きは、海苔の面積がさらに狭くなるので、きれいに巻けている班は少ないようでした。

くず桜は、「くず」に水を加えてとろ火にかけながらねり、その後であんこを巻いて蒸すという単純作業でした。
しかし、「くず」も学生には馴染みがなく、取扱に四苦八苦していました。

 

調理実習では、家庭ではあまり触れないような食材も使用しながら調理をします。
<うまくできたかどうか>も大切ですが、色々な食材に触れて、食材にあった調理法を学んでもらえるとよいなぁと思います。