学科情報 に戻る

生活科学科 栄養士課程

生活科学科 栄養士課程

教育目標

栄養士課程は、栄養士の資格を取得するための教育が基本である。他の資格取得(フードスペシャリスト、家庭料理技能検定)も踏まえつつも、まず、食と健康を支える専門家として必要な基礎的知識と技術をしっかり学ぶ。その上で“広い学び(食文化と作法)”、“深い学び(ゼミナールでの専門性の深化)”、“楽しい学び(多用な調理技術の修得)”、“十勝の学び(地域食材を利用したメニュー開発)”、そして“時代の要請に応える学び(嚥下食、アレルギー、食育)”に取り組むことで卒業後、即戦力となりうる人材の養成を目指すカリキュラムを編成し、さらに課外活動での実践も加えて、その養成を目指している。
以上の課程専門教育を建学の精神に基づき展開することで、科学的な真理探究といのちの大切さを考え、ひとりの自立した人間としての成長を願う教育を目標としている。

copyright(c) Obihiro Otani Junior College. All Rights Reserved.