社会福祉科 子ども福祉専攻 に戻る

社会福祉科 子ども福祉専攻

カリキュラム

カリキュラム

学習の幅を広げる資格取得カリキュラムを整備しています。

講義紹介

教育原理保育士・幼稚園教諭必修科目

 子どもたちが豊かな人間性をもつためには教育が大切です。教育の思想や歴史的、教育実践の内容、方法、評価など、教育の基礎的な理論について、さまざまな教育実践をもとに学びます。

教育と発達の心理学保育士・幼稚園教諭必修科目

 子どもは、周囲の人間への基本的信頼感を土台にして、周囲の大人や他の子どもとのやり取りを繰り返しながら、日常生活や遊びの活動を展開しています。そのような視点から、子どもの心身の発達や学習過程について学んでいきます。

保育内容(言葉)保育士・幼稚園教諭必修科目

 人間らしく生きる上での言語の重要性を理解するとともに、表現し、伝達し、思考するための言語を保育を通してどのように育てるかを考えます。そこでの保育者の役割や、言語生活を豊かにする人間関係や環境の設定、保育の教材などについても理解を深めます。

児童家庭福祉保育士必修科目

 人間形成の基礎となる時期の子どもや障がい児の成長や発達の段階、年齢に応じた社会福祉のあり方を学習します。児童相談所、児童福祉施設での支援、子育て支援といった家族へのサポートの重要性を理解し、さらに児童福祉と障がい者や高齢者の福祉との共通点や相違点についても学びます。

教育と社会幼稚園教諭必修科目

 教育に関する社会の情勢や制度、地域の実情などについて学びます。また、それらの知識をもとにして、教育の現場で現実に起こっているさまざまな出来事について考えていきます。

幼児理解と保育カウンセリング幼稚園教諭必修科目

 保育現場における幼児理解に関する理論や方法について学習します。また、保護者の支援に必要な教育相談(カウンセリング等)の基礎的な理論と方法について学びます。

社会福祉学特別演習本学独自科目

 講義で学んだり実習で体験したことについて、さらに知識を深めたり話し合って整理したりまとめたりして、論文やプレゼンテーション、パフォーマンス等、様々な形で表現をします。専攻の各教員の専門性や研究分野に応じて学生が指導教員を選び、少人数のゼミ形式で学びます。

現代と保育A本学独自科目

 視聴覚教材や資料を用いて、社会や家族、児童福祉、教育現場の課題等、子どもを取り巻く社会の状況について幅広く知識を習得します。また、子どもを支えるためのさまざまな資源やプロセスについて学びます。

実習紹介

子ども福祉専攻スケジュール

1年次

6月 社会福祉学基礎演習(福祉施設等見学)
11月 2年生の実習報告会への参加
12月 教育実習(幼稚園見学実習)(1週間)
2月 保育実習I(保育所)

2年次

5月 保育実習1期(1週間)
7月 保育実習2期(2週間)・教育実習1期(2週間)
10月 保育実習3期(2週間)・教育実習2期(2週間)
11月 実習報告会

社会福祉学基礎演習保育士資格科目

 1年次6月に、いくつかのグループに分かれて、児童福祉施設、障がい者福祉施設を見学し、福祉の現場の営みについての理解を深めます。

保育実習保育士資格科目

 保育士資格を取得するための実習です。保育士は福祉の専門職の資格であり、保育所での実習のほかに、保育所以外の福祉施設でも必ず実習をしなければなりません。1年次2月から2年次10月までのあいだに、保育所、福祉施設での計6週間の実習をおこないます。

教育実習幼稚園教諭免許科目

 幼稚園教諭免許を取得するために幼稚園でおこなう実習です。1年次12月の1週間は主に見学を中心とした実習をおこないます。2年次7月または10月に2週間の実習をおこないます。

実習報告会保育士資格・幼稚園教諭免許共通

 保育実習、教育実習を終えた2年生は、教員による面談指導や実習報告書の作成等を通して実習を振り返り、その成果と反省点を1年生も参加する報告会で発表し合います。

copyright(c) Obihiro Otani Junior College. All Rights Reserved.