地域教養学科 に戻る

地域教養学科

カリキュラム

地域教養学科では、教育課程に5つの学科専門科目カテゴリー(学科教養、日本文化ユニット、社会・経営ユニット、地域教養ユニット、キャリアサポート)と3つの資格関連科目カテゴリー(学芸員基礎資格、社会教育主事、図書館司書)を配置しています。それぞれ次のような目標を持って設定されました。

1.学科教養科目は基礎と地域学習に分かれ、基礎では学習並びにコミュニケーションのリテラシーを身につけ、地域学習では地域を教材に多様な教養を身につけるようにつくられています。

2.日本文化ユニット、社会・経営ユニット、地域教養ユニットでは、学生個々の興味関心に基づいて様々な専門分野について学び、深い教養を身につけるようにつくられています。

3.キャリアサポート科目では、ビジネスに関する知識と技能、働く体験、情報処理、外国語、コミュニケーションを学び、働くうえでの基礎知識を身につけるようにつくられています。

4.資格関連科目では、学芸員、社会教育主事、図書館司書に必要な専門知識を身につけるとともに各種実習を通じて社会での実践力を身につけるようにつくられています。

地域教養学科では、このようなカリキュラムによって、社会の中で主体的に自己の生き方を思考し表現できる人を育成したいと考えています。

学科教養科目

基礎

基礎演習I、II・入門ゼミナールI、II

地域学習

とかちの文学 郷土作家研究 十勝の資源と経済 現代社会ととかち とかちの美術 とかちの自然と歴史 生涯学習概論

学科専門科目

日本文化ユニット

日本の古典文学 日本の近現代文学 絵本創作 伝統文化を学ぶ 日本語の表現 映画論・映画史 日本の演劇 写真論 音楽の世界 日本民俗学 日本文化演習I、II

社会・経営ユニット

地域デザイン論 地方行政論 企業経営論 地域社会と報道 消費生活論 住生活論 社会と法律 色彩学 簿記会計学I、II マーケティング演習I、II

地域教養ユニット

ボランティア論 協働のまちづくり 国際交流論 異文化理解 考古学の世界 比較文化論 家族・ジェンダーと共生社会 心理学の世界 身体の科学 地域社会と福祉 フィールドワーク演習I、II

ユニット共通の必修科目

専門演習I、II

キャリアサポート科目

ビジネスコミュニケーションI、II、III インターンシップI、II、III 情報処理演習I、II、III、IV、V 英語コミュニケーションI、II、III

資格関連科目

図書館司書(14科目)

図書館概論 図書館情報資源概論 図書館サービス概論 情報資源組織論 情報サービス論 児童サービス論 図書館基礎特論 図書・図書館史 情報サービス演習I、II 情報資源組織演習I、II 図書館情報技術論 図書館制度・経営論

社会教育主事

社会教育概論 社会教育計画I、II 社会教育実習I、II、III 社会教育演習I、II 社会教育課題研究

学芸員基礎資格

博物館概論 博物館資料論 博物館資料保存論 博物館展示論 博物館教育論 博物館情報・メディア論 博物館経営論 博物館実習

copyright(c) Obihiro Otani Junior College. All Rights Reserved.